フコイダンって何?

フコイダンとは、2種類以上の糖が結び付いた成分である多糖類の一種であり、糖のフコースを主体とした成分です。もずく、ひじき、こんぶ、めかぶのような海藻類に豊富に含まれており、とくに含有量ではがごめ昆布が優秀です。なお、海苔でフコイダンを摂ることはできません。海藻類には独特な粘り気がありますが、この粘り気こそがフコイダンなのです。ねばねばしていることには意味があり、海藻が乾いてしまわないようにしたり、傷を負わないようにしたりという役割を、フコイダンが担っています。そしてこのフコイダンは、海藻だけでなく人間にとっても有益な成分であることがわかっています。

構造別にフコイダンにはU-フコイダン、G-フコイダン、F-フコイダンが存在しますが、このうちU-フコイダンにはガン細胞を殺す作用があり、予防効果が見込めるという海外での研究報告がなされています。ガンは日本人の死亡原因トップの病気であり、罹患者数も非常に多いです。そのためガンを恐れる人は多く、フコイダンがガンに効果的であるということで、この成分は多くの人の注目を集めています。

ほかにもフコイダンに期待できる効能効果はありますが、くわしくは別のページをご覧ください。また、海藻類だけでなく、サプリメントなどの健康食品でフコイダンは摂ることが可能です。当サイトでは効能効果のほか、フコイダン配合の健康食品の選び方を解説していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

Post navigation